屋根のメンテナンス

屋根のメンテナンス

  • 外出先からの帰りなどで、遠目から自分の家を見たときに「屋根が古くなって見た目が悪くなってきたなぁ…」「そろそろメンテナンスが必要かな?」と思った事はありませんか?

    屋根も外壁と同様に塗装などのメンテナンスが必要です。自分では中々見えない部分になるので、知らずに手遅れになってしまう事もあります。では、どうしたら良いのでしょうか?

  • 屋根が劣化し、色褪せてコケが生えてしまった状態

屋根のメンテナンスが必要な理由

  • 外壁の劣化具合は家の外に出て見ればわかりますが、屋根は簡単には見れません。一般の方が屋根に登るのも危険ですので、お勧めはしません。
    雨風や太陽からの紫外線で外壁は劣化し、定期的なメンテナンスが必要になりますが、外壁以上に風雨や紫外線に晒されているのが屋根です。メンテナンスが必要無いわけがありません。
    屋根のメンテナンスをしないままでいると、雨漏りなどのトラブルが発生することもあります。劣化が酷い場合、屋根を葺き替えしないといけなくなり、通常のメンテナンスに比べ高額な費用が掛かってしまします。

  • 屋根が劣化し、色褪せてコケが生えてしまった状態

屋根のメンテナンスをするメリット

  • ①防錆性の向上
    棟板金やトタン屋根など、金属部分へサビ止めを塗布し、錆の発生を抑えます。
    ②防水性能の向上
    定期的にメンテナンスする事で、防水性能を維持し続ければ雨漏りする可能性が減ります。
    ③屋根材自体の寿命を延ばす
    屋根材を保護する事で腐食が防止でき、寿命を延ばす事で屋根の葺き替え工事の時期を遅らせる事ができます。
    ④抗菌性能の向上
    最近の屋根用塗料は抗菌・防藻性能が向上しているので、カビやコケ、藻が発生しずらくなります。
    ⑤遮熱・断熱性能の向上
    遮熱性能、断熱性能に特化した塗料を使う事で、生活を快適にする事ができます。

  • 棟板金にサビ止めを塗布し、錆の発生を抑えます。 断熱性能に特化した塗料を使って、日常生活を快適に。

屋根のメンテナンスのタイミング

  • 屋根や外壁のメンテナンス時期は、一般的に10年前後と言われています。
    では、10年間何もしなくても良いか?と言うと、そう言うわけではありません。
    屋根の素材、前回の塗料の耐用年数、天候や立地条件などでメンテナンスのタイミングは変わってきます。

    屋根の劣化の進み具合は「天候や立地条件」に左右されます。
    「日当たりの良い立地」「酸性雨の多い都市部」「塩害の発生する沿岸部」「多雪地域」などの地域は劣化が早い傾向にあるので、屋根の劣化には注意を払いましょう。

  • 紫外線に曝され、表面の塗膜が劣化し防水性能が著しく低下した屋根。

屋根材別のメンテナンス時期

    • 日本瓦

    • 日本瓦
    • 日本瓦は60年の耐久性と言われ、塗装する事もほぼありません。瓦が割れたり、ズレなどのメンテナンスは必要です。また、棟部分に使われている漆喰は10~15年でメンテナンスするべき箇所になります。

    • セメント瓦

    • セメント瓦
    • セメント瓦は表面の塗膜が劣化する事で防水性能が低下します。塗膜の劣化が進行すると、素材のセメントの劣化も早くなり衝撃に弱くなってしまいます。目安としては10~15年でメンテナンスの時期になります。

    • スレート瓦

    • スレート瓦
    • 一般的な屋根材であるセメント系スレート瓦(カラーベストやコロニアルなど)は、表面の塗装が劣化するため定期的な塗り替えが必要です。目安としては10~15年でメンテナンスの時期になります。

    • ガルバリウム鋼板

    • ガルバリウム鋼板
    • 金属なので軽く、錆や劣化に強い素材。地域によっては塩害などによって劣化が早まる場合があります。錆に強いですが、錆びないわけではありません。目安としては10~15年でメンテナンスの時期になります。

  • 屋根材別のメンテナンス時期は、あくまで目安です。先に述べた通り、地域や状況によって劣化の進行は異なるので、定期的な屋根の点検をして劣化がみられるようであればメンテナンスの計画を立てましょう。

塗料の種類

    • フッ素樹脂塗料

    • 「非粘着性」「耐薬品性」「耐摩耗性」「耐候性」「難燃性」という、塗料として最高の素質を持った塗料。15~20年でメンテナンスの時期になります。

    • シリコン樹脂塗料

    • 耐久性と価格のコストパフォーマンスが良いのがシリコン樹脂塗料。耐久性や耐熱性、耐紫外線にに優れてます。13~15年でメンテナンスの時期になります。

    • ウレタン樹脂塗料

    • 塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料で、20年程前には主流の塗料。価格は安いが突出した機能は無く、8~10年でメンテナンスの時期になります。

    • アクリル樹脂塗料

    • 現在、リフォームではほぼ使われる事が無くなった塗料。新築で価格を抑える時に使われる事があるようです。5~7年でメンテナンスの時期になります。

  • 塗料の種類によるメンテナンス時期は、あくまで目安です。先に述べた通り、地域や状況によって劣化の進行は異なるので、定期的な屋根の点検をして劣化がみられるようであればメンテナンスの計画を立てましょう。

雨漏りの原因と対策

雨漏りしてるみたい…

  • 「天井に染みが…」という程度ならそのまま放置してしまう人も多いようですが、そこから被害が拡大してしまうので雨漏りは「即修理」が大鉄則です。
  • そもそも、何が原因で雨漏りは起こるのでしょうか?
  • 例えば、瓦屋根の場合に多いのが瓦のズレや割れによる雨漏りです。
    瓦屋根は、下地となる野地板→防水シート→瓦桟→瓦という構造になっています。瓦が雨水を流す役目を果たし、瓦の下に水が進入してしまった場合には瓦の下の防水シートが野地板への雨水の染み込みを防ぐ仕組みになっています。
    そこで、瓦がズレたり割れてしまったりすると、瓦の下の防水シートがむき出しになり、紫外線や風雨のダメージを直接受け、防水シート本来の能力が低下してしまいます。 その結果、防水シートが本来の役割を果たせず、雨水を通してしまい雨漏りに繋がります。
    これは、スレート屋根の場合でも同様で、割れやヒビから雨水の浸入を許してしまい雨漏りに繋がります。
    また、瓦屋根の棟部分に使われている漆喰の崩れなどでも、同じような経緯で雨漏りが発生します。

  • 瓦屋根の構造図
  • 他にも、樋に落ち葉やゴミなどが詰まり、流れにくくなった雨水が瓦の隙間に入りこんでしまったり、ベランダ防水の効果が無くなっていたり、外壁のヒビから雨水が浸入したりと、多くの原因が考えられます。
    さらに、屋根が原因の雨漏りだと思っていたら、実は排水管の欠損によるエアコンや浴室などからの「漏水」だった…なんて事もあります。
    「雨漏りかも?」と感じたとき、専門的な知識や技術・経験を持たない人が、原因の特定をすることは非常に難しい事です。

  • 雨樋にゴミがたまり詰まる

雨漏りの対策

  • 定期的なメンテナンスで雨漏りの可能性は減りますが、突然の大雨や突風、地震なのが原因で雨漏りが発生してしまう事もあります。
    先にもお話しましたが、ちょっとした雨漏りだからと放置してしまうと、そこから被害が拡大してしまうので「即修理」が大鉄則です。
    即修理が原則ではありますが、修理までの間、簡易的な応急処置として、ビニールシートをかぶせて雨の侵入を防いだり、雨漏りの水をバケツで受けて二次被害を避けたりする方法は有効です。

    しかし、応急処置はあくまで緊急の対策でしか無く、雨漏りの根本的な原因を突き止めて対策しなければいけません。雨漏りは放っておいても治りません。
    クローバーハウスでは、住まいの専門的な知識を備えたスタッフが雨漏りの原因をつきとめ、その上で、適切な修理工事を行います。

  • 雨漏りの応急処置屋根調査
屋根・外壁の建物診断とわかりやすい見積書で適正価格と現在のお住まいの状態が丸わかりです。
不安、疑問、お見積もり依頼など、お気軽にご連絡ください。

お名前必須
電話番号必須
メール

  • 電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • ラインでお問い合わせ

クローバーハウスの屋根・外壁塗装

  • クローバーハウスはリフォーム専門店として吹田・豊中・箕面の北摂エリアにて活動しています。
    リフォーム専門店として活動しているからなのか「クローバーさんは外壁塗装とかするんですか?」と、よく聞かれます。住まいの事ですので外壁塗装もお任せいただけますし、実績も多数あります。
    私たちがご提案する外壁塗装は、住宅のプロの目線でお客様のお家の状態や構造部分などもしっかりと調査・診断。今まで数多くの住宅を見てきた知識や経験を活用し、お客様のお住まいが長持ちする最適なご提案をさせていただきます。
    また、「住まいを綺麗にする」だけではなく、お客様のご予算や、デザイン、景観なども重視してプランをご提案します。

  • クローバーハウスの外壁塗装について

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • 屋根のメンテナンス
  • 築20年以上の屋根のメンテナンス
  • 外壁診断
  • 塗り替えの時期
  • 施工事例
  • お客様の声
  • お問合せから完工までの流れ
  • こだわりの外壁塗装① バイオ高圧洗浄
  • シリコン樹脂塗料 オーデフレッシュSi100
  • セラミック変性シリコン系塗料 水性シリコンセラUV
  • 断熱セラミック塗料 ガイナ
  • 高意匠サイディングボード用外壁保護クリヤーピュアライドUVプロテクトクリヤー
  • 陶磁器タイル用外壁保護クリヤー タイルフレッシュ
  • 注意
  • 会社案内
  • ライン
  • メールフォーム
  • フェイスブック
  • 塗装ブログ
  • サービスの質を維持するため、大変申し訳ありませんが、大阪北摂地域の吹田・豊中・箕面(一部大阪市内含む)以外のエリアでのリフォーム工事はお断りさせて頂く場合がございます、ご了承ください。
  • 吹田地域最大の自然素材体感型リフォームスタジオ。駐車場完備でお気軽にご来店いただけます。
メニュー閉じる
メニュー閉じる