失敗しない色選び

失敗しない色選び

  • 外壁塗装の色選びはなかなか難しいものです。一度塗ってしまうと、簡単にやり直すというわけにもいきません。住まいの塗り替えのサイクルは、おおよそ10年に1度ですから。

    外壁塗装をする場合、皆さんどんな色にしようか悩まれます。
    過去に外壁塗装を経験した方の中には「出来上がりと想像したイメージが違った…」と、いった経験があるのではないでしょうか。
    後悔しないように失敗しない色選びをするための知識、色の特性やポイントを抑えておくと良いと思います。

  • 後悔しない色選びの方法

サンプルの色見本と実際の色では印象が違って見える

  • 屋根・外壁塗装のリフォームは、最初にどんな目的の塗料を使うかを決めますが、その次に必ず頭を悩ますのがどんな色で塗るかということです。
    色見本を見ながら選んだものの、どんな色で仕上がるかは足場を外すまでは分からない、のが現実です。

    せっかくの屋根・外壁塗装のリフォームなのに、想像していたイメージが全然違う、などという事になってしまうと、高額な費用をかけたにもかかわらず悔いが残る屋根・外壁塗装リフォームになってしまいかねません。
    そこで「色見本から選んだのに、何故イメージと違う仕上がりになるのか?」、色に関するいくつかのポイントをご紹介しておきましょう。

    最初に、塗料の色を選ぶ時は、塗料メーカーの色見本帳から選ぶことになります。
    この色見本帳、残念ながらそんなに大きいものではなく、僅か数センチ四方のものであることが多いのが現実です。

    この数センチ四方の色見本と、現実に広い面積に塗った塗料の色では、同じ色なのに実際の印象に大きな違いがあることがあります。

  • 日塗工カラーチャート日塗工カラーチャート

面積効果と色選びのコツ

  • カタログなどの小さな色見本だけで家具を購入した時、実物を見たら思っていた色と違う…そんな経験はありませんか?
    同じ色でも小さな面積で見る色と、大きな面積で見る色では明るさや色味に差が生じてしまいます。これを「面積効果」といいます。
    外壁塗装をする際にも、色決めの打ち合わせをする際には色見本を見て色を決めるのではないかと思います。つまり、色決めの際に見ていた色見本の色よりも、外壁に塗装した仕上がりのほうが、色が明るく鮮やかに見える傾向があるということです。

    ※ 小さい面積=暗く見える(低明度に感じられる)
    ※ 大きな面積=明るく見える(明度と彩度が高く感じられる)

  • 面積効果 小さい面積は暗く、大きい面積は明るく見える
  • この「面積効果」を考えて色を選ぶのが、外壁塗装で失敗しない色選びのコツになります。
    小さな色見本よりも大きい壁面に塗った場合の方が明るく見えるという事になるわけですから、面積効果を考慮して少し濃いめの色を選ぶのがイメージに近くなるという事です。

  • 面積効果 小さな色見本で選んだ色は、広い面積に塗ると明るく見えます
  • ただし、実際には太陽の光や反射などの効果も加わるので、色の見え方に影響を与えます。
    また、照明や光源によっても色の見え方がだいぶ変わってしまいます。
    以上の事から、色見本を外壁と同条件で見る事を強くお勧めします。(晴れた日の屋外、大気の汚れが少ない朝日の光で、色見本を壁に合わせて確認すると良いと思います。)

    色見本から希望する色が見つかりましたら、その色見本よりもややトーンを下げた色を選択し、大き目のサンプル板(塗り板)を作成してみると、より仕上がりのイメージが掴みやすくなると思います。

実物から色を探す

  • もしかしたら、これが一番良い方法なのかもしれません。
    ご近所様や、お知り合いが外壁塗装をしていたら、その中に好みの色のお家があるかもしれません。 実際どのような感じに見えるのか、晴れの日の色の見え方、雨の日の色の見え方も確認できます。

    外壁塗装が近いと思った方は、休日にご近所を散歩してみてはいかがでしょうか?
    理想の色の家が見つかるかもしれませんね。

  • 散歩をしてみて、自分の理想の色の家を探してみましょう

色を変えられない部分との兼ね合いも考える

  • アルミニウム製の雨戸やサッシの枠は、塗装することができません。
    玄関ドアも同様で、ほとんどの場合塗ることができません(木製の玄関ドアは塗装する場合もあります)。
    そういった、色を変えられない・塗装できない箇所と、外壁との色のマッチングも考慮に入れて色を決めなくてはいけません。
    また、両隣の家のカラーや、周りの景観等も色を決める上で重要な要素となります。近隣住宅とあまりに違う色使いだと、浮いてしまいますし、調和を乱すことにもなりかねません。

  • 塗装しない箇所、出来ない箇所も考慮に入れて色を決めましょう

クローバーハウスに相談する

  • 洋風・和風などの家の雰囲気や造りの違、流行色、色の組み合わせなど、住宅リフォームを長年経験してきたプロのリフォームアドバイザーが、失敗しない色選びをアドバイスいたします。
    じっくりと納得いく色選びをして、あなただけの色選び・外壁塗装のリフォームを楽しんでください。

  • あなただけの色選び・外壁塗装のリフォームを楽しんでください
  • 電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
  • ラインでお問い合わせ
屋根・外壁の建物診断とわかりやすい見積書で適正価格と現在のお住まいの状態が丸わかりです。
不安、疑問、お見積もり依頼など、お気軽にご連絡ください。

お名前必須
電話番号必須
メール

クローバーハウスの屋根・外壁塗装

  • クローバーハウスはリフォーム専門店として吹田・豊中・箕面の北摂エリアにて活動しています。
    リフォーム専門店として活動しているからなのか「クローバーさんは外壁塗装とかするんですか?」と、よく聞かれます。住まいの事ですので外壁塗装もお任せいただけますし、実績も多数あります。
    私たちがご提案する外壁塗装は、住宅のプロの目線でお客様のお家の状態や構造部分などもしっかりと調査・診断。今まで数多くの住宅を見てきた知識や経験を活用し、お客様のお住まいが長持ちする最適なご提案をさせていただきます。
    また、「住まいを綺麗にする」だけではなく、お客様のご予算や、デザイン、景観なども重視してプランをご提案します。

  • クローバーハウスの外壁塗装について

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • 外壁のメンテナンス
  • 外壁の種類について
  • 誰でもカンタンに出来る外壁のチェック方法
  • 外壁のひび割れについて
  • サイディングのシーリングについて
  • 失敗しない色選び
  • 屋根のメンテナンス
  • 屋根の塗装メンテナンス
  • 塗装では対応できない屋根のメンテナンス
  • 雨漏りの原因と対策
  • 屋根塗装時の「縁切り」
  • 外壁診断
  • 塗り替えの時期
  • 施工事例
  • お客様の声
  • お問合せから完工までの流れ
  • 塗装のこだわり
  • 塗装のこだわり バイオ高圧洗浄
  • 塗装のこだわり 3回塗りのこだわり
  • 塗料のご紹介
  • シリコン樹脂塗料 オーデフレッシュSi100
  • セラミック変性シリコン系塗料 水性シリコンセラUV
  • 断熱セラミック塗料 ガイナ
  • 高意匠サイディングボード用外壁保護クリヤーピュアライドUVプロテクトクリヤー
  • 陶磁器タイル用外壁保護クリヤー タイルフレッシュ
  • 屋根用遮熱塗料 クールタイトSi
  • 屋根用遮熱塗料 サーモアイSi
  • 注意
  • 会社案内
  • ライン
  • メールフォーム
  • フェイスブック
  • 塗装ブログ
  • サービスの質を維持するため、大変申し訳ありませんが、大阪北摂地域の吹田・豊中・箕面(一部大阪市内含む)以外のエリアでのリフォーム工事はお断りさせて頂く場合がございます、ご了承ください。
  • 吹田地域最大の自然素材体感型リフォームスタジオ。駐車場完備でお気軽にご来店いただけます。
メニュー閉じる
メニュー閉じる